深刻な障害:重大な不正行為のために解雇

深刻な障害:重大な不正行為のために解雇

重大な不正行為または重大な過失のための解雇は厳しい制裁を引き起こし、非常に厳格な手続きを満たす必要があります。従業員のための定義と影響。

重大または重大な過失障害の概念は労働法で定義されていません。これは、従業員のそれぞれの場合における状況の障害を特徴づける、紛争の場合には、その裁判所です。

定義

従業員が雇用契約に基づく義務を履行し、この違反は会社の持ち株を防止することをしない場合に、重大な違法行為があるかもしれません。これは、予告なしにすぐに出発の原因となります。

また、関係する従業員の行動が雇用主や会社に害を与えるために、明示的または暗示的な願望を反映した重大な過失があります。これは、それからの損害賠償の要求を生じさせることができます。

私たちのビデオ

ミシェルGodest、パリの弁護士とdroit-finances.net協議会、

例は数多くあり、多くの場合、雇用主と従業員間の紛争につながる:職務怠慢、繰り返し欠勤や会社での仕事や格下げで不当便、暴力行為は、スタッフや管理を侮辱、など

重大な過失の例:設定と誰ジャム(最高裁判所の社会商工会議所、2009年9月23日)を導入し歪めていた従業員によるマシンのサボタージュ。または暴力特徴、誘拐など

制裁

重い障害または重大な違法行為の概念は、労働法で定義されていません。しかし、法律は、障害の重症度に応じて、異なる結果を区別します。

彼の解雇の前に、従業員はおそらくアップにコンサバトリー足かもしれません。雇用主が作った不正行為を認識しているとき、それは限られた時間の中で解雇の手続きを実装する必要があります。

重大な違法行為の場合は、却下従業員が彼の退職金と予告の代わりにその補償の両方を奪われています。

これらの罰則は、重大な過失の場合と同じです。

しかし、従業員は、重大な過失の場合には有給休暇の代わりに補償を受ける権利を保持します。以前に労働法の下で - - 違憲だった2016年3月2日付の決定では、憲法評議会は、重大な過失の場合の補償の剥奪があるとの見解をとりました。

違い総違法行為 - 重大な違法行為

雇用者を害するする意思の有無かに基づいて、重大な過失と違法行為の区別。このように、顧客の目の前で彼の雇用主の利益に反する程度開催する従業員は、その価格政策ので、特に手渡し、重大な違法行為のためではなく、重大な過失のために却下することができ、意図していない従業員雇い主(2017年2月8日に発行した最高裁判所の社会的チャンバーのケース番号15から21064)を害するします。

また、総不正行為のための唯一の解雇は、雇用者に有利に損害賠償の支払いを正当化することがあります。 A "シンプル" 深刻な不正行為は、雇用主は最高裁判所の社会商工会議所で作られた材料の損傷(ケース番号14から26071を被った場合でも、彼の雇用契約の不当な実行のための従業員の金融負債を引き起こすことができません2017年1月25日)。

参照してください。

  • 不正行為のために解雇

深刻な障害:重大な不正行為のために解雇この記事(PDF)をダウンロード
ericRg投稿者。端を発する:「重大な違法行為のために解雇深刻な障害」と題されたこの文書 右・ファイナンス (Droit-finances.commentcamarche.net)著作権の対象です。明示的な許可なしに、いかなる方法による複製または本サイトの全体的または部分的な表現は、この記事(PDF interdite.chargerです