2018 – 冬休み2017年時の電力カット

2018 - 冬休み2017年時の電力カット

未払い請求書の場合は2018 - EDFは、彼は冬休み2017年の間に私の電気を切ることができますか?

いいえ:EDFは、もはやその電気代を支払う顧客が冬休みの間に電気を奪わないことはできません。しかし、原則として、このルールは、いくつかの明確化に値します...
2013年前に、冬休み中にこの保護は本体のみ者の家庭や家族が受けた関係または過去12ヶ月間にSLFからの支援を受けています。 EDFのカットのサスペンションは今、すべての顧客に関するものです。

日付

2018年3月31日現在の2017年11月1日からこの保護期間を実行すると、未払いの請求書のための停電がため、この日の後10月31日、2017年まで行うことができ、彼らは2018年4月1日からこれを取ることができません。

電力削減

しかし、常にEDFでも、冬休み中に、デフォルトのイベントに家庭に供給される電力を低減できる可能性。しかし、いくつかの最小限度でのみ、供給される電力は、3キロワット/時間未満に行くことができないので。最小同時に冷蔵庫、ヒータ、光を操作するために、原則的に、この電力が可能になります。

請求書

顧客は休戦期間中に消費されるエネルギーの支払いのために責任を負うのまま:借金がキャンセルされていません。消費者が冬休みの間、その手形を支払わない場合ので、彼の借金が蓄積されます。請求書の不払いの場合の停電の詳細については、デフォルトのイベントには停電のための規則を参照してください。

あなたのサブスクリプションEDFがあまりにも高価であることを考えると、フランスでは私たちの比較キロワット時の電気料金コンサルティングを検討してください。
2018 - 冬休み2017年時の電力カットこの記事(PDF)をダウンロード
マシュー-Bによって掲示されます。 2018»から - 冬休み2017年の間にEDFを消す」と題されたこの文書 右・ファイナンス (Droit-finances.commentcamarche.net)著作権の対象です。明示的な許可なしに、いかなる方法による複製または本サイトの全体的または部分的な表現は、この記事(PDF interdite.chargerです