リース終了および第二の故郷

第二の家庭のリース終了は主滞留ルールとしてより柔軟にさらされます。

テナントのため比較的保護、1989年7月6日の法律は本体のみ居住地へのレンタルのご宿泊に適用されます。したがって、テナントが恒久的に問題の住居で住んでいるとき、それが施設に入る時に適用されることが起こるかもしれませんが、より後で同じテナントが恒久的に存在していない場合。

これは、2007年3月21日(第06.11.843)日付判決で破棄院の裁判所に入力されました。それはテナントが休暇の発行時に彼の第二の故郷として自宅を占有する程度に1989年法の要件を満たしていない場合であってもそのままに賃貸人によって発行されたが、有効であったと考えます。
リース終了および第二の故郷この記事(PDF)をダウンロード
ericRg投稿者。から得られた「リース解約及び第二の故郷」と題されたこの文書 右・ファイナンス (Droit-finances.commentcamarche.net)著作権の対象です。明示的な許可なしに、いかなる方法による複製または本サイトの全体的または部分的な表現は、この記事(PDF interdite.chargerです