ISFおよび滞留

主な居住地は、富裕税の対象となるが、その値は30%の削減に補正されます。資本税に関して評価手続きの主な居住地。

住宅のコンセプト

税務上の目的のためには、居住地は、今年(条税法の885 S)のほとんどのための通常の納税者の居住地と効果があり、基準日は、課税年度の1月1日です。

納税者が2人の独立した住居の間で均等に彼の時間を分割すると、メイン住宅は、住宅税関連の引当金からの納税者の利益の場所です。
人はその制御(病院や老人ホームでの滞在など)を超えた理由のために別の場所に住んでいたときに主たる住居としての職業のこの状態は、投与により好意的に評価されます。

30%削減

主な居住地は、30%の余裕を持って、市場価値に富裕税の規模の対象となります。

SCIおよび滞留

住宅は不動産会社(SCI)によって所有されている場合、30%の減少が住宅を表す値に適用することができます。

ただし、透明SCI(条一般税法の1655 TER)かどうか、それは、その唯一の目的主な居住地の所有権と管理であるSCIを言うことです仲間。

それはSCIが所有する特性は、一つ以上のパートナーにより住居として使用されている場合でも、市民社会および投資管理に来るときは対照的に、30%の減少が適用されません。 。

写真クレジット:123RF - Iriana十堰
ISFおよび滞留この記事(PDF)をダウンロード
ericRg投稿者。から生じたこの文書の名称「ISFと主たる住居」 右・ファイナンス (Droit-finances.commentcamarche.net)著作権の対象です。明示的な許可なしに、いかなる方法による複製または本サイトの全体的または部分的な表現は、この記事(PDF interdite.chargerです