土地の部門

土地の部門

2007年10月1日に発効計画の権限エントリの改革以来、土地の最初の部門は事前申告の細分化の対象です。

ローカル開発計画(PLU)のアプリケーションの問題は、それゆえ、ますます頻繁に発生することがバインドされています。それにもかかわらず、土地、土地利用計画(POS)のさえNBエリアを分割することは常に可能です。

細分化を禁止POSまたはPLUの和解の条項が違法です。国務院、3月21日、判例は、計画文書が手続き(国家評議会、2001年10月19日、一般的なTalange、番号207677を、実質的なルールにのみ関係していないことはできないと考えています1986マンションPériades、番号61817)。

なお、分割処理で細分化を禁止することは不可能です。さらに、細分化の禁止は、土地の分割を行うために他の手順(ZAC、グループ化された許可証...)の使用を必要とするようにつながります。

我々は、権限のある当局は、適用を控えなければならない規制の違法な規定の存在下で、そのためです(2005年5月9日の国務院の意見を、M・マレンジオ、番号277280)、待っています計画書の修正。

しかし、NBエリアに位置する土地を分割する権利は自動的にPOSの規制は、例えばに関する要件を規定する土地の面積、したがって、分割後の構成可能の土地を行うことができ、構築するための権利をリードしていません。アーバンフォームは規制し、可能な開発方向で調整することができます。

最後に、構築する許可を受け細分化し、事前申告の対象とそれらを区別する2007年10月1日以降適用される規則は、ロット数は、できないことのPOSによって挑戦されていなかった、特にとして、そしてPLUは、土地の手順、その都市形態として開発は依然として調整することができる禁止します。

また、エリアNB吸収政策のうちの1つを介して、都市のスプロール化との戦い。新しいPLUエリアのカテゴリでこれらのゾーンの再分類は、彼らの極端な多様性を考慮しなければなりません。

これらの領域のいずれかurbanisableであってもよい(多かれ少なかれ都市化又は多かれ少なかれ装備することができるので、U領域(公共施設が注入される構築物を提供するのに十分な容量を持っているので)、またはAU領域のいずれかを再分類すること総合的な開発作業のか、などの機会やセクターの限られた容量の機器)またはNゾーン(の成果)に。 POSおよびPLU規制の現在のアプリケーションでの変更は、これらの規制の進化の一環として、開発プロジェクトと持続可能な開発における開発目標(PADD)の観点から正当化して議論する必要があります地域計画、および任意の用語NBエリアを除去するための都市計画文書の必要な進化のために。
土地の部門この記事(PDF)をダウンロード
ericRg投稿者。この文書は「と題した土地»の部門から 右・ファイナンス (Droit-finances.commentcamarche.net)著作権の対象です。明示的な許可なしに、いかなる方法による複製または本サイトの全体的または部分的な表現は、この記事(PDF interdite.chargerです