JavaScriptを – 変数

2017年11月

私たちのビデオ


変数の概念

変数は名前で識別されるオブジェクトで、含めることができます
プログラムの実行中に変更することができるデータ。


JavaScriptでは、変数名は1つが希望する限りあってもよいが、
一定の基準を満たしている必要があります。

  • 変数名は英字(大文字または小文字)で始まる必要がありますか "_"
  • 変数名は、文字、数字や文字を含めることができます_と & スペースは許可されていません!
  • 変数名は(名前が予約されている)以下の名前にすることはできません。
    • 抽象
    • ブールブレークバイト
    • ボックスを継続文字クラスのconstをキャッチ
    • デバッガのデフォルト複製ん削除
    • 他の輸出を拡張
    • 最終的に機能するために、最終的なフロート偽
    • 後藤
    • イチイ、道具、輸入、で、無限大、instanceofはint型のインターフェース
    • ラベル、長いです
    • ヌル、新しい、ネイティブ
    • パッケージ、プライベート、保護、公衆
    • リターン
    • ショートパンツ、静的、スーパー、スイッチ、同期
    • この、typeof演算、真、過渡、投げ、してみてください、投げます
    • VAR、空、揮発性
    • で、しばらく
    • JavaScriptオブジェクトの名前に予約語をも考慮しています





correctNom変数名変数incorrectRaison
変数変数名 スペースを含みます
NAME_OF_VARIABLE123Nom_De_Variable 数字で始まります
VAR_NAME[email protected] 特殊文字@
nom_de_variable_123デ - 変数名 サイン - 禁止
_707過渡 予約名




変数名は大文字と小文字が区別されます(JavaScriptが違いを作ります
)大文字と小文字の名前で名前は、確実にすることが必要です

同じケースで名前を使用!

変数の宣言

VAR

宣言は、次の2つの方法で行うことができます。

  • 明示的に、変数のキーワードの前にすることにより VAR

それはそれが可変であることを厳密に言うことができます。
VAR文字列= "もしもし"
  • または暗黙のうちに、ブラウザを残すことによって、変数の宣言であると判断します。

暗黙的変数を宣言するために、単に文字が続く変数の名前を書きます = そして割り当てる値:
文字列= "もしもし"

暗黙の文は完全にブラウザによって認識されているが、
言葉で明示的に変数を宣言するために厳しいです VAR.


ここでは、2つの変数が宣言されている例は以下のとおりです。




スコープ(可視)変数

変数が宣言されている場所に応じて、それはどこでもアクセス可能(可視)になりますか
唯一のそれは言われたLaquel内の関数に限定ものの、それが "と呼ばれています スコープ 「変数。


変数は、キーワードなしで宣言された場合 VAR, つまり、 暗に,
それはどこからでもアクセス可能である(スクリプトのいずれかの機能は、この変数を呼び出すことができます)。私たちは話します
それから グローバル変数


宣言された変数のスコープ 明示的 (キーワード先代 VAR
それが宣言されている場所によって異なります。

  • スクリプトの先頭で宣言した変数は、任意の関数の前に、グローバルになります。これは、スクリプト内のどこにでも使用することができます。
  • 明示的に関数内で宣言された変数は、それが他の場所で使用できない、すなわち、この単一の機能に制限されます。これは "と呼ばれています ローカル変数 」。



ここで説明する2つの例を示します。




上記の例では、変数 持っています スクリプトの前に明示的に宣言、
そして機能インチここでは、このスクリプトによって表示されます。

ダブル4〜8であります
値は12であります

関数内で宣言された変数は、上に同じ名前のグローバル変数を知っていたことを指摘しました。


ここではその中で別の例であります 持っています 暗黙的に関数内で宣言されます。



ここでは、このスクリプトによって表示されます。

ダブル4〜8であります
値は8であります

これらの例は、体系的にキーワードを使用して新しい変数を宣言する必要性を実証します VAR.

変数ましょう

摩耗したとして宣言された変数の存在 てみましょう それが宣言されたブロックに限定されています {} それは言葉で関数内で宣言された変数のように動作します。その場合には関数とすることができます VAR それは両方の場合で、それがもはや機能内に存在しないであろう状態またはループの出力ループまたは症状であってもよいです。

機能テスト(){variable_1 =ましょう"V_1"(== variable_1場合"V_1"){聞かせてVariable_2 ="V_2"V_2を表示する//警告(Variable_2)}V_1を表示する//警告(variable_1)警告(Variable_2)//スクリプトが実行されず、エラーコンソールには、定義を表示されません}

より多くの変数が上位コンテキストのものより優先される変数に対するトップで変数コンテキストなしで押しつぶさサブコンテキスト内で宣言することができるコンテキスト内の名前と同じ名前の変数を持つことができましょう。

機能テスト(){variable_1 =ましょう"V_1"(== variable_1場合"V_1"){variable_1 =ましょう"V_2"V_2を表示する//警告(variable_1)}V_1を表示する//警告(variable_1)}

const変数

変数 CONST 変数とは異なり てみましょう 言葉で言うことができませんどのようなので、最初の場所 CONST だけでなく、それはほとんどのものを変更することができますので。
それは文字列になるか、把握した場合、それがオブジェクトまたはテーブルに対して、その種類を変更することはできませんが、その内容を変更することができるならば、それを変更することはできません。

宣言して例としてテーブルを取ります CONST 三つの値を含み

CONSTアレイ= ["A"、"二つ"、"三つ"]

それは、テーブルに値を追加し、変数の値を表示します

CONSTアレイ= ["A"、"二つ"、"三つ"]
tableau.push("4つの")
console.log(表)//戻り値 "A"、"二つ"、"三つ"、"4つの"

我々は、テーブルの内容を変更することが有効であることを実感します

今変数を再定義しようとしています

CONSTアレイ= ["A"、"二つ"、"三つ"]
テーブル="チェーンcarractère"
console.log(表)

変更変数が失敗したため、スクリプトが停止し、コンソールにはエラーの割り当てが表示されています。

変数のデータタイプ

JavaScriptでは、変数の型を宣言する必要はありません
そのようなC言語やJavaなどの高級言語とは異なり、
(それが満杯であるかどうかを指定する必要がありint型)(浮動小数点数のフロート)または
文字(チャリオット)。


実際には、Javascriptがデータの4種類の操作ができます。

  • 数字:全体またはカンマ
  • ストリング (文字列):文字列
  • ブーリアン:変数の状態をチェックします。

bolléensは、2つの状態をとることができます。


*


*


*
    • 結果がtrueの場合、
    • :偽の結果の間に。
  • 型変数 ヌル:Caracteristic変数にデータが含まれていないことを示す言葉。

整数

整数は、異なる塩基で発現させることができる点、なし数です。

  • ベース10進数は数字0で開始しない(0〜9)一桁の一連によって表されます
  • 進整数が始まる前に、ユニットのシーケンス(0〜9またはAからF(またはfを介して))で表されます。 0X 若しくは 0X
  • 進整数(0〜7の数字のみを含む)単位の配列によって表される開始します 0


JavaScriptでの角度は常に例えばMathオブジェクトのtrigonomériquesメソッドを使用している場合(ラジアンで表現されています。

ポイント番号(フロート

浮動小数点数は、浮動小数点数であるが、それは異なる方法で表すことができます。

  • 10進整数:895
  • 点を持つ数(ないカンマ):845.32
  • 分数:11分の27
  • 指数の数値、それは文字が続く番号(おそらくコンマを)言うことです E (または E10のパワーに対応する)、そして整数

(署名付きかどうか、それは+またはが先行し、言うことです - )

VaRのA = 2.75e-2。VaRのB = 35.8E + 10。VaRのC = .25e-2。

文字列(

その名の通り、文字列は、文字のシーケンスです。
文字列は、上の記事で詳しく説明されています

それについて。ここでは、変数が文字列として解釈されるように宣言することができる2つの方法があります。

VaRのA = "もしもし";VaRのB = 'さようなら!';

ブール(ブール

ブールは評価するために使用される特殊な変数であります
提供、それは2つの値を持つことができます。

  • リアル (イギリスで ):値1で表されます
  • (イギリスで ):値0で表されます

型変換

Javascriptがシームレスに変数の型の変更を管理しますが、型変換を強制する必要がある場合があります。したがって、JavaScriptは、パラメータ渡された変数の種類を変換するための2つのネイティブな機能を提供します。

  • parseInt()は可変数の変換します
  • 小数変数を変換するparseFloatは()

parseInt()

機能 parseInt() パラメータとして渡された変数は、変換(文字列として、または二番目のパラメータで指定されたデータベース内の番号などのいずれか)及び(10進数)整数に変換する関数の選択図構文 parseInt() 次のとおりです。

parseInt(文字列[ベース])。


関数の場合 parseInt() 整数を返し、最後の文字列パラメータは、文字で始まる必要があります
数字[0-9]または16進接頭辞を言うために有効です 0X, および/または文字 +, -, EE. そうでなければ機能 parseInt()
値を返します NaNの数ではありません)。

次の文字が有効でない場合は、関数によって無視されます parseInt().
パラメータに渡された文字列リテラル部を有する数を表す場合、本発明は、切り捨てられます。


パラメーター 基礎 ベースを指定するために使用される任意の整数であります
文字列を解釈するために使用されます。これは、デフォルトでは10です。
パラメータの場合 基礎 指定されていない(または値10に設定されている)、使用される塩基は、10進数です。文字列で始まる場合は、ベース16になります 0X, 彼女
文字列で始まる場合は8になります 0.


関数の値を示すために、 parseInt() 例のように何もありません。
変数があります 持っていますB

VaRのA = "123";VaRのB = "456";


関数が使用されているかどうかに応じて、 parseInt() かどうか、オペレータの使用
+ これら二つの変数と異なる結果が得られます。

document.write(+ bの、"
"); //表示123456document.write(のparseInt(A)+のparseInt(B)、"
"); //表示579


次の表は、ツールの使用例を示します parseInt()



ExempleRésultat
parseInt("128.34");128
parseInt("12.3E-6");12
parseInt("12E + 6");12
parseInt("もしもし");NaNの
parseInt("24Bonjour38");24
parseInt("Bonjour3824");NaNの
parseInt("AF8BEF");NaNの
parseInt("0284");284
parseInt("0284"、8)。2
parseInt("AF8BEF"、16);11504623
parseInt("AB882F"、16);11241519
parseInt("0xAB882F");11241519
parseInt("0xAB882F"、16);11241519
parseInt("00100110");100110
parseInt("00100110"、2)。38
parseInt("00100110"、8)。32840
parseInt("00100110"、10);100110
parseInt("00100110"、16);1048848

parseFloatは()

機能 parseFloatは() 変数に渡さ変換するコアのJavaScriptの関数であり、
(小数部と数)浮動小数点数です。
関数の構文 parseFloatは() 次のとおりです。

parseFloatは(文字列);


関数の場合 parseFloatは() パラメータ文字列として渡されたフロートが、有効な数字を言っている文字[0-9]および/または文字で始まる必要があります返します +, -, EE. そうでなければ機能 parseFloatは() 値を返します NaNの数ではありません)。

次の文字が有効でない場合は、関数によって無視されます parseFloatは().
文字列パラメータは、部分を持つ数である場合
リテラル、本発明は切り捨てられます。

次の表は、ツールの使用例を示します parseFloatは()


ExempleRésultat
parseFloatは("128.34");128.34
parseFloatは("128.34");128
parseFloatは("12.3E-6");0.0000123
parseFloatは("もしもし");NaNの
parseFloatは("24.568Bonjour38");24568
parseFloatは("Bonjour38.24");NaNの
parseFloatは("AF8BEF");NaNの
parseFloatは("0284");284
parseFloatは("0xAB882F");0

参照してください。


この記事(PDF)をダウンロード
この記事をダウンロードする(PDF